2017年12月19日

絞首刑


◎さようなら、光彦君・・・

友人が殺されるというのは、つらいものだ。

今朝、光彦君らが死刑に処された。予感があったので
あまりおどろかなかったが、やはりくるしい。重い。
気圧や重力や光りの屈折のぐあいが、このところ、
どうもおかしい。

きみは〈やめてくれ!〉〈たすけてくれ!〉と泣き叫ん
だか。あばれくるったか。〈お母さん〉と叫んで大声で
泣いたか。刑務官をどれほど手こずらせたか。それとも、
お迎えがきて、あっけなく失神したか。まさか。

きみは何回、回転したか。ロープはどんなふうに軋んだか。宙
でタップダンスを踊るように、足をけいれんさせたか。鼻血を
まき散らしたか。舌骨がへし折られたときどんな音がしたか。
脱糞したか。失禁したか。目玉がとびでたか。首は胴から断裂
しなかったか。

けっきょく、再審請求も犯行時未成年も考慮されはしなかった。
考慮されたのは、「適正に殺す」ために、きみのせいかくな
体重とロープの長さくらいか。さて、なぜ、けふという日がえら
ばれたか、知っているか。平日。国会閉会中。皇室重大行事なし、
だからだ。国家は、ごく静かな朝に、ひとを「公式に」くびり殺す
のだ。

やんごとないかたがたのご婚約、ご成婚、ご懐妊発表の日には
絞首刑はおこなわれない。おことば発表の日にも、ホウギョの
日にも、絞首刑はおこなわれない。聖人天皇もマドンナ皇后も、
死刑はおやりにならないほうがよい、などというお気持ちのにじ
むおことばをお話しあそばされたことはいちどもない。なぜか。

連綿たる処刑の歴史のうえに、ドジンのクニの皇室はあるからだ。

ひとと諸事実(そして愛の)の多面性と多層性について、光彦君、
ずいぶんとおしえられたよ。ありがとう!ひとと諸事実(そして愛)
の多面性と多層性については、法律もジャーナリズムも、ほとんど
の文学も、まったくおいつかないことをとくと学んだよ。

災厄でしかない国家のなしうるゆいいつの善政とは、死刑の廃止
であった。死刑をつづける国家と民衆は、さいだいの災厄ー戦争を
かならずまねくだろう。にしても愚劣なマスコミ!

今夜はNirvanaを聴くつもりだ。さようなら、光彦君・・・。
続きを読む
posted by Yo Hemmi at 16:00| 所感 | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

再々放送


「こころの時代」明日(土曜日)再々放送

ちょっとくどいかもしれませんが(笑)、ことし3月にNHKで放送
された「こころの時代」が、明日、2017年12月16日(土)昼13時〜14時、
Eテレで、再々放送される予定です。若いひとびとも視聴してくれます
ように!

このさい、わたしは以下のことをあらためて表明します。いうまでもないこ
とですけれども・・・。

・北朝鮮にたいする、どのような形の軍事・挑発・謀略行動にも反対する。
・朝鮮半島情勢を口実にした日本の軍備強化・拡大、いわゆる敵基地攻撃
 能力保有にも、つよくに反対する。これはあからさまな憲法違反である。
・在日コリアンとその子女への圧迫、差別、ヘイトスピーチにつよく反対する。
・マスメディアの対北朝鮮「悪意醸成報道・キャンペーン」に反対する。
・圧力・制裁ではなく、どこまでも対話をもさくすべきである。








続きを読む
posted by Yo Hemmi at 17:08| 放送 | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

トマス・ネーゲル


◎そして、いかなる・・・

そして、いかなる国家も、警察国家でない国家はない。
では、さとくんは先の総選挙でどうしたか。かれは「期日前
投票」をしていたという。それをもってして民主主義が機能し
ているといえるかどうかべつにして、かれは「期日前投票」を
していた。

「現代の最大の犯罪は、公的犯罪である」というトマス・ネーゲル
のかんがえに共感する。マスメディアはほとんどのばあい、公的犯罪
の共犯者である。この共犯者集団は責任を問われないことを知悉して
いる点で、無自覚的にもっとも卑劣であり、手がつけられない。

委細かまわず『月』の第4回に着手。が、ちかく死刑執行の予感
つづく。「公的行為における無慈悲」。個人倫理と公的倫理の
不連続性の本質は、死刑と天皇制にもっともよくあらわれる。
posted by Yo Hemmi at 14:22| メモ | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

クモ・警察国家


◎イエユウレイグモの件――警察国家の観点から

けふ、『月』第3回の著者校で「アシダカグモ」をすべて
「イエユウレイグモ」にさしかえた。すでに警察国家ではある
のだが、そのくらいのジユウはまだある。とおもふ。が、楽観
はできない。

公安当局が文中のなにを咎めてくるか、わかったものではない。
アシダカグモを、まぎわになってイエユウレイグモになおした
底意――これはかれらの関心をそそる。テロかんけい暗号名とし
ての「アシダカグモ」と「イエユウレイグモ」かいなか・・・が
チェックされる。うざい。

ついで、語感が吟味される。故意に御國をおとしめてはいないか。
クモにひっかけて、じつは不敬をはたらいていやしないか。
公序良俗紊乱の意図はないか。イエユウレイグモは不法ドラッグ
または爆発物の隠語ではないか・・・。

ムフフ・・・。困った。わたしは自首すべきだろうか。

あるひとから内々に提案されている。〈逃げよう〉と。どこに?
北欧に。しかしながら、提案者はわたしのつれあいについて言及
していない。故意にか? 脱出提案がジャスト・ジョークであるこ
とをさとらせるために、わざとつれあいに触れぬのか。

それとも、つれあいをすてて北欧に逃げようというのか。わからない。
提案者がたんに酔っぱらっていた、ということもかんがえられる。
要検討。つれあいといっしょならダツニチもありだろう。

タケシやタモリやツルベーたちが、この警察国家のまわしものとして、
どうにもならない日常の「毒抜き」にまいしんしている――。そんな
ようなことを、逃亡提案者はいう。みどもはかんしんがなひ。

わたしは、月内に死刑が執行されると予感している。
posted by Yo Hemmi at 17:27| メモ | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

警察国家


◎「わたし」であるとはどのようなことか?

けっきょく、そこまでたちもどらないといけないようだ。
What is it like to be ――?を、気にする。とても気に
する。たとえば、ひとつの警察国家において、「わたし」
であるとはどのようなことか?
posted by Yo Hemmi at 18:56| メモ | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

アンコール放送


◎明日未明「こころの時代」アンコール放送


3月に放送された「こころの時代」が明日10日午前5時
から1時間再放送されます。あれから何年かたった気がする
のはなぜでしょうか。時間よりもできごとの速度がはやいから
でしょうか。

だれが寒い朝の5時からあの番組をみるのでしょうか。ほんの
数十人。眠れないひと。生きるのに疲れたひと。じぶんに愛想
をつかしたひと。幽霊・・・。ということは、じぶんとほぼおなじ
なのだから、あらためていうまでもないことですね。

首藤君、中野さん、五味さんたちのことをおもいだしています。
かれらといると、息があまりみだれずにすみます。犬も吠えない。
世の中のことなんかどうでもいい。どこまでもダメになればいい。
ただ、ほんの一瞬の、ささやかな共感があれば、それでけっこう。

あとはいらない。ほんとうは共感なんかなくていい。それより、
けふ、『月』第3回のゲラをやっていて、「アシダカグモ」をぜんぶ
「イエユウレイグモ」にさしかえました。痩せた半透明のうつく
しいイエグモです。

死ぬと、かなり多くのひとがイエユウレイグモになるそうです。
番組にでてくる父も、どこかでイエユウレイグモになって天井でも
這っているのかな。なお、番組は今月16日午後1時から、再々放送
されるそうです。

イエユウレイグモたちは、うすぐらい明日朝5時にあの番組をみる
らしいです。





posted by Yo Hemmi at 17:14| 放送 | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

アシダカグモ


◎イエユウレイグモのこと

『月』第3回で、アシダカグモについてすこし書いたけれども、
イエユウレイグモについては書こう書こうとおもっていたのに、
ついに書くのをわすれた。第4回で書くか書かないか、まだわ
からない。

そのとき、頭蓋の暗がりには小さなコウモリがいたのだった。
どのようにいたかというと、『コウモリであるとはどのような
ことか』というかっこうでいた。いきおい、『コウモリであると
はどのようなことか』の気分でアシダカグモのことを書こうと
して、途中でその気分をわすれたのだった。

月の写真を「女郎部屋からの眺め」というひとがいた。



posted by Yo Hemmi at 18:22| メモ | 更新情報をチェックする