2018年08月26日

556分


『鉄西区』を見終える

長い長い胎内くぐりであった。9時間26分。身体の経験と
しては、それ以上の、何千倍もの長さと深さであった。かんたんな
言語化は無意味だろうし不可能だ。自己体内の臓腑のなかをへめぐ
ってきた者に感想をもとめたとて、なにを語りうるか。

これを他の映画的経験と同列で論じることができるか、うたがわし
い。事実。風景。顔。思想。倦怠。腐敗。昂揚。組織。秩序。無秩序。
冷却。溶解。泥。貧困ー貧困ー貧困。凝視。崩壊。残滓。影。肉体。排泄。
徒労。反復。歴史。反ー歴史。痰。無限。無ー世界。反ー世界。非ー物語。
火。焔。灯。陰翳。地平線。疎林。ゴミ溜。ことば。反ーことば。死。
背信。愛。夕陽。闇ー闇ー闇。困憊・・・。

『鉄西区』をどうみるか。わたしは文句なしに起ちあがり拍手する。






posted by Yo Hemmi at 17:54| お知らせ | 更新情報をチェックする

2018年08月25日


◎「フイは帰っていいよ

うす汚い犬がでてくる。その表情がいい。闇も列車も雪もいい。
こういうことなのだな。とおもえる。「フイは帰っていいよ」と
だれかが言った。フイではなくホイか。どうでもいいことばが
石炭屑みたいで、でも、やはり活きている。

遠景がいい。近景もいい。少しもウソくさくない。あの息子が
すばらしい。涙。物語はこちらでかんがえればいい。見上げる犬
の目。垂れ耳。ひとびとの顔。垢。手洟。夕焼け。わたしは長い
ことなにかを誤解していたのかもしれない。
続きを読む
posted by Yo Hemmi at 17:58| お知らせ | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

あたま朦朧


眠い!

生活クラブ連合会の雑誌「生活と自治」の連載第57回を執筆、
送稿す。天皇さまのこと。「満州事変」で勅語を発し、関東軍
をほめたたえたこととか。それでもジンミンタイシュウは天皇
だいすきであること。平成天皇は昭和天皇の戦争責任に公式に
言及したことはないこと。

朝日新聞社旗はなぜ旭日旗に似ているのか。きもちわるくならな
いのか。おきもちよくなるのか。眠ひ。
posted by Yo Hemmi at 19:02| お知らせ | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

掲載記事


忘れないために・・・

忘れないために、8月8日付東京新聞の掲載記事を添付する。
もくろみどおりに人びとはもうけろりと忘れはじめている。
謀りのとおりに。

東京新聞8.8.jpg
(クリックで拡大)
posted by Yo Hemmi at 18:42| お知らせ | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

奉天


『鉄西区』の無限と夢幻

息をのむカットがこれみよがしではなく、あたりまえの
ようにいくつもある。極大にして極小、かつ最深の闇。
ここがかつて「奉天」といわれたところなのだ・・・とおも
いかえすたびに、王兵の目のすごさに痛打される。

Fと話す。

posted by Yo Hemmi at 18:18| お知らせ | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

フォーマット


◎迅速!

『月』本文フォーマットみせてもらう。想像よりはるかに
いい。組みもきれい。
posted by Yo Hemmi at 19:25| お知らせ | 更新情報をチェックする

送稿


『月』書籍用を送稿

昨日、『月』入稿用565枚送稿。茫然。からだから肝という肝を
ぬかれたみたいに。けふ『鉄西区』にもどる。粉砕される。
posted by Yo Hemmi at 18:40| お知らせ | 更新情報をチェックする

2018年08月02日


あらきのみやを覗くなかれ

なぜなら、それはやってはいけないからだ。ぜったいに。
『月』入稿用チェック。改稿、加筆。Fとランチ。「赤坂
自民亭」には記者たちもいたという。いたのだが報じなか
った。なんということだろう!
posted by Yo Hemmi at 19:13| お知らせ | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

不気味


どうしても地金がでるのだ

『月』入稿用のチェック、改稿。20日までPCがもちますように。
マック。いくら気どったって、かならず地金がでるのだ。馬脚を
現す。お里がしれるのさ。死刑と天皇制。5分もしゃべらせてみ
な。5行も書かせてみろ。バレバレ。
posted by Yo Hemmi at 19:30| お知らせ | 更新情報をチェックする