2018年09月29日

再会


朴日粉さんの出版記念会に出席

昨夜は畏友、日粉(イルブン)さんの出版(『過去から学び、現在(いま)
に橋をかける』梨の木舎刊)記念会に出席、上梓と久方ぶりの再会をよろこ
んだ。詩人、李芳世(リ・パンセ)さんもいらしていて、大もりあがりだった。
昂奮のるつぼのなかで、祝辞でなにを言うか忘れてしまい大失態。反省。

イルブンさんは「大きなひと」だ。おべんちゃら、なれあいをきらう。
みていないようで、じっとみている。政治的なたちまわりも、たぶん、
きらっている。瑣事にこだわらない。ユーモアを解する。ブラックユーモア
を知っている。ニッポン近代の泥闇を、在日一世たちへの取材をつうじて
追体験している。

昨夜はパンセさんにささえられてあるいた。イルブンさんもパンセさんも、
「現存在が迫ってくる」ような、胸にせまる存在である。現ではなく原
存在と言いたくなる。



posted by Yo Hemmi at 16:36| お知らせ | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

『月』


『月』単行本再校ゲラもどす!

『月』単行本用再校ゲラ確認が終わった。けふ、送った。10月下旬、
角川書店から刊行される。


月表1jpeg.jpg
(クリックで画像拡大)
posted by Yo Hemmi at 13:40| お知らせ | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

みゆ帰る


布施辰治について書く

みゆちゃん帰る。肩痛。まいどおなじみ。というか、日に日に激化。
痛え。締め切りがくるので、布施辰治について書く。片目コンタクト
で。神戸屋のいちごジャムパン食う。おかげさまで100周年。
posted by Yo Hemmi at 15:04| お知らせ | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

みゆちゃん


◎犬あずかる

滝川夫妻が旅行のため、みゆちゃん(ボーダーコリー的ミックス♀)をあずかる。
今のところ、おとなしい。この大きさだとマックは無理。上目づかいにこちらを
うかがう。みゆちゃん。9才。

いつまでもお隣さんのトイレをかりるわけにもゆかず、ついに水ながす。コンタクト
レンズもながれたはず。片目だけコンタクトレンズ。眼鏡屋にいくのが面倒。

『月』単行本の定価が1700円にきまったという。装幀は鈴木成一さん。来週にも本
ブログでお披露目の予定。


posted by Yo Hemmi at 13:51| お知らせ | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

K氏


「無理がきかないのを・・・」

しばらく会わぬまに小比類巻氏はずいぶん痩せていて、
頬骨が黄ばんだ皮膚をやぶってつきでてきそうだった。
「無理がきかないのを承知で無理するのが人間ってもん
だ」てなことを言う。・・・が人間というものだ、という
言い方はきらいだ。その旨かれに言う。気まずくなる。

コンタクトレンズのことは告げてない。けふ単行本『月』
の再校ゲラがくる予定。ゲラがきた。みるまえから疲れを
感じる。32頁までやる。

posted by Yo Hemmi at 14:00| お知らせ | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

cl


◎指の先から逃げてゆく

便器にかがみこむ。よくみえない。ただ、かすかにみえる気がしている。
左膝を床につけ、右膝はややのばしぎみにする。左手の中指が水中でなにかに
さわった。気がする。コンタクトレンズだとおもう。そうおもいたがる。
人差し指に応援をあおぎ、そのものをはさもうとする。失敗。指の先から
そのものがするりと逃げてゆく。

サイレンが鳴っている。だんだん遠のいてゆく。声。義母だ。義母が背後から
声をかけてくる。「トイレ使っちゃだめなの?困っちゃうわね・・・」。責められ
ている。息をととのえ、うしろむきのまま、お隣さんのトイレをかりてほしいと
いう。義母は「そんな・・・のことは・・・」と口ごもるが、よく聞きとれない。便器の
底がぬらぬらしている。

小比類巻氏と夕食。





posted by Yo Hemmi at 13:35| お知らせ | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

コンタクトレンズ


◎落とした

コンタクトレンズを落とした。右のレンズ。トイレに。水をながさず、
しゃがみこみ、左手をトイレの汚水につっこみ、しばらくまさぐる。
posted by Yo Hemmi at 16:50| お知らせ | 更新情報をチェックする