2016年02月29日

『残の月』


◎『残の月』書評がでました

俳人宇多喜代子さんによる『残(のこん)の月』(大道寺将司最新句集・太田出版)書評(共同通信配信)がでました。目が洗われました。『残の月』はこれまででもっとも結晶度のつよい句集ですが、宇多喜代子さんの句評も、作品にたいする敬意と清澄な感慨をつづって贅言のないものです。

残の月書評.pdf
(クリック参照)
posted by Yo Hemmi at 00:00| お知らせ | 更新情報をチェックする