2017年11月08日

必読!


◎「日本はすでに戦争の〈前史〉を歩んでいる」

「世界」12月号の笠原十九司さんインタビューに深く同感。
タイトルは「戦争の〈前史〉と〈前夜〉」。戦争にはかならず
〈前史〉と〈前夜〉があり、〈前夜〉までくると、戦争阻止は
不可能。これはかれの近著『日中戦争全史』上下巻にもくわしいが、
インタビューは要点をうまくまとめている。

笠原氏は「政権中枢が南京事件などの史実を否定する歴史修正主義
に染まっていることの異常性については、どれほど強調しても強調
したりない・・・」とかたり、この歴史修正主義は、政権中枢からジャー
ナリズム、教育分野にかくだい、中国・北朝鮮脅威論をあおりたてて
いると指摘。

笠原氏の結論は「日本はすでに戦争の〈前史〉を歩んでいる」で、
戦争回避が不可能となる〈前夜〉になるまえに手をうたないと
たいへんなことになる、と言う。必読!

posted by Yo Hemmi at 18:42| 所感 | 更新情報をチェックする