2017年11月11日

踊れ、うたえ!


◎「バカとの共生」および戦争

ジョイス『ダブリナーズ』新訳を買ったら、訳者の得意顔
がろこつで、げんなり。「孤高の天才翻訳者××××の画期的
新訳」のオビにはまいったね。『ダブリンの市民』はすんなり
読んだが、『ダブリナーズ』は気恥ずかしくなる。バカか。

ナチスの初期、少なからぬユダヤ人知識人がヒトラーをたかく評価
していた。ドイツ民衆とマスメディアの多くは40年代に入っても
危機感がうすかった。独ソ戰のさなかに、本国では金持ちがパーティ
ざんまい。戦場ではドイツ兵が飢えて人肉を食らっていた。

教育基本法改悪ー秘密保護法成立ー安保法成立ー集団的自衛権
行使OKー共謀罪成立ー武器輸出解禁・・・。ポイント・オブ・
ノーリターン。と、もう気どっているばあいじゃない。バカメディ
アがそらぞらしく「平和」をかたり、五輪と戦争をささえている。

「天皇主義宣言」をやらかしたバカ学者を、じじつ大バカだから、
雑誌にしょうじきに「バカ」という趣旨のエッセイをしたためたら、
読者から「狭量」と投稿で批判された。ほう、天皇主義を批判すると
「狭量」ねえ。両論併記≠フつもりか、投稿が大きく掲載される。
バカくさ。

オリパラ・バンザイ!戦争バンザイ!かってに踊れよ。うたえよ。





posted by Yo Hemmi at 15:17| 所感 | 更新情報をチェックする