2017年12月02日

キ印


◎「キ印」とはなにか?

徳田球一はむろんキ印ではなく、陽性の革命家だった。だからか、
吉田茂にも好かれた。徳田は占領軍を「解放軍」(!)と呼び、
2.1ゼネスト前までGHQと昵懇であった。徳田は大ざっぱで楽天的
だった。

徳田は「戦後のすさみ」からたちあがるよう民衆によびかけた。
そのためには、天皇制を打倒し、天皇家の財産を没収し、日本に
「人民共和政府」を樹立するよう、ニコニコ笑ってうったえた。
徳田は沖縄・名護村(現名護市)の出身だった。

天皇制を打倒し、天皇家の財産を没収し、日本に「人民共和政府」
を樹立するのが可能だとまじめにおもっていたものは、昔時すく
なからずいた。昭和天皇は徳田らをおそれていた。とうぜんながら、
昭和天皇は反共主義者だった。

毛沢東も徳田には一目おいた。北京でおこなわれた徳田追悼大会
には3万人も参加している。キ印とはなにか、かんがえる。

そのころの事情とげんざいのかんけいについてかんがえる。
朝鮮戦争のことをかんがえる。日本にはなぜ大規模な朝鮮戦争反対運動
がなかったのか(いまもないのか)、かんがえる。レッドパージのこと
をかんがえる。

平成天皇退位でなぜこんなにマスコミがさわぎまくるか、かんがえる。
聖人≠ノ本気でなりきったかのような天皇夫婦のたちいふるまいを
いぶかしくおもう。なにかかんちがいしているのではないか。なにかが
かんちがいさせているのではないか。

皇室をどこまでもあがめたてまつるマスコミに吐き気をもよおす。
天皇制がないとこの社会はたちゆかないのか。一日もやっていけないと
いうのか。〈無天皇制〉をためしにいちどやってみたらどうか。
新聞はそんな企画もできないのか。キ印とはなにか。

1946年の食糧メーデーをおもう。参加者の一人が掲げたプラカード
をおもう。「ヒロヒト 詔書曰ク 国体はゴジされたぞ 朕はタラフク
食ってるぞ ナンジ人民 飢えて死ね ギョメイギョジ」「働いても 働い
ても 何故私達は飢えねばならぬか 天皇ヒロヒト答えて呉れ」―。

これらの文言を戦後社会は知的に消化できず、げんざいではきれいに
わすれさっている。プラカードを書いたひとは、まったくキ印ではな
かった。まじめな共産党員だった。

キ印とはなにか。「トクトのエビ」が宴会にでたから、なにがいけない
のか。元慰安婦が宴会に招待されてどうしていけないのか。朝鮮学校
を高校授業料無償化の対象とするのはなぜいけないのか。在日コリアンと
その子弟を迫害、敵視、差別して、少しは恥ずかしいとおもわないのか。
北朝鮮指導部と貧しい民衆をくべつしてかんがえることがなぜできないのか。

国際的制裁をうけている国では、指導部ではなく、もっぱら民衆がますます
餓え、ますます疲弊するのだ。北朝鮮の民衆に人道援助をするのがなぜいけ
ないのだ。北朝鮮を「圧力」強化でまるごと破壊し、皆殺しにしてもかまわ
ないというのか。日本の政治家は朝鮮戦争でどれだけ多数の民衆がどのよう
に無残に殺されたか知らないのか。

いま、真性の「キ印」とはなにか。真性の「キ印」とはだれか。


posted by Yo Hemmi at 17:36| お知らせ | 更新情報をチェックする