2018年04月20日

鄙劣


◎無知は力なり、自由は隷従なり!

おもいだしました。皇居の松の木の話は、渡辺清著
『砕かれた神――ある復員兵の手記』(岩波現代文庫)58頁に
オリジナルイメージがあったのです。「あの濠の松に天皇をさ
かさにぶら下げて・・・樫の棍棒で滅茶苦茶に殴ってやりたい」と
いふピクチャレスクを、ぼくはどうしてもきらひになれません。

けふ会った友人がおもしろいことをいっていました。このところ
三半規管がおかしくなったみたいだ、と。まっすぐあるくのにも
難儀する。目がくらくらする、と。なるほど。にんげんの鄙劣さも
ここまでくると、おそらく戦時中の軍部以上かもしれません。あい
つらをあの濠の松にさかさにぶらさげてみたい。それをみながら散歩
する。ジョギングする。ときどき蹴飛ばしたり、唾をひっかけたりし
て・・・そぞろむなしい、衝迫。

かつて、被害と加害の等価性みたいなことをボードリヤールは述べ
ました。繋ぎ目をなくしたその断片の妖しいきらめきに目が眩みます。
嫌韓嫌中ヘイト週刊誌がいまや、あたかも正義の使者のごとくふるまい、
失見当識記者らがそこに泣きつく図の奇怪。いっぽう、どこぞの出版社
では「表現課」なるセクションができたよし!関係者はオーウェルを
よんだことがないか、よんでもさっぱり理解できなかった大ばか者にち
がいありません。

各省庁、報道・出版各社は以下のように墨書した大横断幕を正門にかか
げよ。みなで唱和せよ。「無知は力なり、自由は隷従なり!




posted by Yo Hemmi at 02:03| お知らせ | 更新情報をチェックする