2018年05月09日

サルの惑星


◎サルの支配

たまには娑婆のひとと会ってみるもんだ。きのふ、毎日新聞屈指
のインテリ記者、藤原さんと話していて、ぶったまげた。アソー
タローという口のひん曲がったサルを、ニンゲンとかんちがいし
ているアホがきょうび、いくらでもいるのだそうだ。いや、びっく
りしたなあ。

事態はさらにすすんでいるやうだ。シンゾ・アベてふエテ公は
さいきん、ヒトへの肛門性交の味をおぼえ、日夜コクミンのオカ
マをほる(ただで!)のに余念なく、記者どものなかにはみずか
らケツをさしだすバカも、じつはすくなくなひといふ。me too!
とは、そういふ現象の発作的反転でもあるようだと藤原さん。
さすがの分析力。

サルをひととおもひちがひするコクミン、ボルサリーノをかぶる
文盲ザル、そうしたサルどもに肛門をレイプされてよろこぶ人民
大衆、トランプてふサル以下のゴロツキにブロージャブしてやって、
グッジャブ≠ニかいわれて喜色満面のサル・・・。

そんなんに未来はあるだらうか? なひね・・・とわたし。さうです
か、と藤原さん。きのふの毎日新聞インタビューの主たる中身はあら
ましそんなやうなことだったが、15日の同紙夕刊でどのていど反映さ
れるか、はた、掲載みおくりか・・・同紙の見識と根性が問われている。

『月』執筆でみそこねていた『ハッピーエンド』けふみた。とても
よかった!ハネケ作品の諸要素がつまっていて、堪能。トランティニ
アンさすが。なぜか、とおく『Z』(コスタ=ガヴラス)をおもいだす。

(知りませんでしたが、本ブログをチェックしようとすると、ろく
でもない広告が、こちらの意に反し、わんさかでるよし。やな
世の中ですね。JUST FUCK IT!)



posted by Yo Hemmi at 15:04| お知らせ | 更新情報をチェックする