2018年10月04日

カラコン


わたしに義母はいたのか。どこに消えたか?

今朝、犬の糞のなかにひかるものがあるので顔をよせると、
紫色のカラコンだった。変な話だ。なくしたのはカラコン
じゃない。からかわれているのか。だれに?

犬の腸内でレンズが紫色に化学変化したのだろうか。水道で
水洗いする。クソまみれだったカラコンを右目につける。
ペタリ。風景が焦点をむすぶ。犬の顔が急に老けてみえる。

洗面所で鏡をみる。フィンランド人みたいな、灰青色の目。
気に入る。しばらくみいる。ふとおもう。大島のこと。
義母のこと。河川敷。六価クロム。腐乱死体・・・。

そもそもわたしに義母はいたのか。そこからおもいかえす
ひつようがあるのかもしれない。あの「義母めく老婦人」は、
では、だれだったのか。公安がそこまでやるだろうか。

老人テロリストの話を書いてみないか、とそそのかしたのは、
たしか、義母的なかのじょだったのではなかったか。背中の
できものに薬をぬってもらっているとき。こちらとしては
負い目もある。生返事をしたかもしれない。

肩痛。魚のうろこみたいなカラコン。外す。











posted by Yo Hemmi at 15:52| お知らせ | 更新情報をチェックする