2018年11月13日

朝ぼらけ


象たちの空

明け方、とても巨きい象やカバ、犀たちが、ブカブカ空に
浮いていた。まえにもなんどかあった。ヒッポが空でクソ
している。尻尾をくるくる回す。クソが港区高輪一丁目あ
たりにバラバラとふる。

だれもいないから、丹念熟成イチゴジャムパンを食う。カバ
たちをみあげて。ジューシーなつぶつぶ果肉入りの、おかげ
さまで100周年。ア、シバル!

東側の空に、暗い紫みの青。子を孕んだマッコウクジラまたは
潜水艦。西にながれてゆく。羊水がふる。だれもいない。
あたたかい。なまあたたかい。

パンのにおい。経血のかほり・・・。ふる。

存在者が自己自身を対象化する自覚的在り方を、今後いっさい
廃止することとする。ッシバル! 胸やけする。秩父連峰の
はるか上空で、ヒッポがクソをたれている。

うろこ雲.jpg





posted by Yo Hemmi at 15:45| お知らせ | 更新情報をチェックする