2018年11月30日

リハ


病院で胃と大腸の画像をみせられる

臓物。きったなかった!ランチがまずくなるほど。一応セーフ。
明日もリハビリ。3度目。世界観が変わるほどのショックを
うけている。かれらはなぜかくも真剣に手をぬかずに、グチ
ひとつ言わずにやってくれるのか。あれは重労働だ。

ほぼ全員がマスクをしている。なにか不思議だが、わるくはない。
顔の下半分は勝手に想像するか、想像しなければいい。顔の上
半分というのは、総じて、みるに堪えがたくはない。老健の
療法士や介護福祉士たちは、作家や記者や編集者たちより、当然
ながら、よほどまっとうなものを感じさせる。

『月』書評がでた。








posted by Yo Hemmi at 13:52| お知らせ | 更新情報をチェックする