2020年09月10日

チリチリ


ある詩人を怖れる

脚.jpg

けふもダックスの世話になる。つかまって歩いたりする。犬も
世話になる。locustが飛んでいる。緑がかる、空。locustが鳴い
て跳ねる。ミスドのなかにも飛びこんでくる。草いきれ。人殺し
みたいな詩人。もわっとする彼のにおいをおぼえている。死者は
ちゃんと死ね。みたいなことを、どもりながら言う。読売新聞を
とっている。訊きもしないのに言ふ。locustが飛んでいる。不審な
電話がくる。たぶん中国から。ノイズで聴きとれず。

無断引用、転載を禁ず



【関連する記事】
posted by Yo Hemmi at 17:46| メモ | 更新情報をチェックする