2020年10月05日

文庫『青い花』


小池昌代解説の深み

青い花 文庫カバー.jpg

岩波現代文庫『青い花』ができあがりつつある。本文は純然たる
わがことなのでお読みいただくしかないのだが、驚いたのは小池昌代
さんの「解説」。それ自身が解説をこえた、きわめて印象深い読み物
となっている。これほど読みでのある解説をわたしは知らない。

小池昌代さんにお目にかかったことはないのだが、「見抜かれている」
と思った。ぜひお読みいただきたい。わたしは繰り返し2度読んだ。

書影は明日、きれいなものに差し替えます。オビ文も差し替えられます。

本日、毎日新聞のインタビューがあった。



【関連する記事】
posted by Yo Hemmi at 19:26| お知らせ | 更新情報をチェックする