2020年12月31日

ハルツーム


終われない歴史

2014年01月08日の壁.JPG

長崎に雪が降ったとメールがあった。病室の窓から見たと。
ハルツームから連絡があった。中央アフリカ時間は、協定世
界時 (UTC) を2時間進ませた標準時である。とくに問題はない。
R・D「世界が世界史の担い手であったことはない」「人類の
歴史はつねに特異な片隅で形成されたのだ」

「不幸な意識」について。「人間はじぶんで思うような存在
じゃない」「人間が自己についていだく観念と人間の現実を混
同してはならない」。ウイルス側からみれば「不幸な意識」な
んてどうでもいい。宿主たりうるかどうか、だ。

この大崩壊時代にあっては、あらゆる「真実」が too good to be
trueとみなされる。そのような縒れた暗がりをつたう含み笑いに
耳を澄ます。終わりたくても終わることができない時間を、静かに
狂いつつ、ひたすらくり返す。朝は、バルトーク絃楽4重奏曲。

窓を、ほんの少しだけ開けて雪を見たらしい。その窓は海側だった
か、坂側だったか。大事なポイント。

明日からはますますひどくなるだろう。それでも終われないのだ。
しかし、「人類共通の敵」という言い方をこのまない。人類共通の
敵とは、すなわち人間だし、言い方がつまらない。

ハルツームに行きたい。バタンバンに行きたい。チッタゴンに行きた
い。長崎に行きたい。霧。








posted by Yo Hemmi at 17:44| メモ | 更新情報をチェックする