2023年10月16日

「色なき緑色・・・」

ガザ.jpg

ノーム・チョムスキー博士はいま何か発言しているだろうか。
94歳。何を考えておられるか。9.11後にボストンでお目にか
かった。鋭利であり温かくもあるあの眼が忘れられない。

「イスラエルの牢獄の中でも悪名高いのは拷問施設 1391だ」
(チョムスキー『誰が世界を支配しているのか?』)。パレス
チナの闘士の多くが1391で拷問を受けた。そして殺された。

Colorless green ideas sleep furiously

「色なき緑色の考えが猛烈に眠る」。チョムスキーが統語論
的例文としてあげたセンテンスが思い出される。これは言語学
的には「非文」ではない。しかしながら、意味論としてはナン
センスなのだ。

にもかかわらず、イスラエル軍事指導部とホワイトハウスにあっ
ては、「色なき緑色の考えが猛烈に眠っている」のである。

怖い。




【関連する記事】
posted by Yo Hemmi at 17:20| お知らせ | 更新情報をチェックする