2020年01月10日

アメもろた


マイクロバスでアメもろた

本田さんが4日逝去。愕然。茫然としている。

先日、おばあさんにアメをいただいた。のどスッキリの
ハーブアメ1個。おばあさんはナカガワさんではないか。た
しか往きのバス。さなえさんはいなかった。さなえさんと乗
りあわせるのは帰りのバス。ナカガワさんはぼくの左側、さ
なえちゃんは右側に座る。みんなで運転席を仕切るバーを
にぎる。

米国の統合参謀本部トップがイランのドローンで暗殺された
らどうなるか。米国は核攻撃も辞さないはずだ。ドナルドが
テロられる幻視・・・。

「東京人」2月号に小池昌代さんの『純粋な幸福』書評が載っ
た。小池昌代さん書評.pdf

カルロス・ゴーンの胆力はその語学力とともにニッポン的
標準ではまったく異次元のものだ。あのワンマン・ショーに
あってはニッポンのメディアなどハナクソも同然である。

かくてヘルパーさんにけふ、シメサバをリクエストしたのある。

自衛隊の中東派遣。ドナルドと同程度のお寒いおつむのコーノ
よ、図にのるんじゃない。きみはたんにアゴのしゃくれたアホ
なのだからね。
posted by Yo Hemmi at 14:37| 日録 | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

サナエ


けふ、サナエはいなかった

ジムにいく。サナエはいなかった。お腹の大きい女性が
増えた。NUstepを負荷7で20分。ワーハハハの集合哄笑運
動はなかった。12歳の犬が勃起していた・・・という話が聞
こえてくる。フロアを5周する。戦争はそう遠くない。や
るなら思いきりやれ。すべてなくなるまでやれ。サナエは
いなかった。風邪か。死んだか。
posted by Yo Hemmi at 19:08| 日録 | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

気象通報


大晦日ーー地ふぶき!

犬と寝転んで気象通報を聴いていると陶然とする。
大晦日、ハバロフスクは西南西の風、風力5、地ふ
ぶき、15hPa、気温 ー22度。ルドナヤプリス
タニは、南南西の風、風力2、快晴、5hPa、気温
ー15度。

雲の切れ間に青空と海原がみえる。目が青む。

「ウルルン島 不明」なんてこともある。無意識の雲
海にぽこんと円い穴があく。

けさ、犬にピモベンタンとステロイド。ホットミルク
の薄膜。お菓子の「お座りくん」。
posted by Yo Hemmi at 13:58| 日録 | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

ピモベンタン


老犬、夜半に咳

壊れたチューブみたいな音。くるしそう。ピモベンタン。
ミルク飲む。薄膜、犬に。風呂。新バッグ着く。マックに。
混んでる。マヒ激。クラブ・マックとフィレオフィッシュ。
MAXーD小ハンバーガー。マヒした右手で爪切る。失敗する。
時間かかる。16:00,気象通報(再)。

パーキンソンの69のお方、けふ痛みはないですか?ぼくは
肩激痛。来年もよろちこ!膀胱がんのお方、ことしもあり
がとうございました。死ぬまでは、ぼくも生きるしかありま
せん。快癒祈ります!仙台・丸善で『純粋な幸福』を買った
83の女性、ぼくは眠剤と精神安定剤を半分に減らしました。

担当編集者は、みなさんのお便りを読むとき、感動して涙声
になるのです。来年も、どうぞ・・・。爪切り続行。
posted by Yo Hemmi at 16:18| 日録 | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

ジュンジュン


ジュンジュンに『純粋な幸福』を送ったら・・・

ジュンジュンはすごくデカいチャバネゴキブリにおなりになられて、
みどもの寝室にしのびこんできたのであります。犬、熱烈歓迎の
尻尾振り。ゴキブリジュンジュンたら、久闊を叙するでもなく、
犬の水入れにザンブと飛びこんで沐浴。ピチャピチャ水飲み。

『純粋な幸福』(毎日新聞出版)の感想ひとついふわけでなくジュン
ジュン。何十年たったって、みどものあひの記憶は褪せぬのだよ。
挨拶くらいあってもいい。あんまりじゃないか、ジュンジュン。で、われ、
ゴキブリホイホイをしかける。明日朝またね!

posted by Yo Hemmi at 00:28| 日録 | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

無関心


コックローチさんお目見え

犬、無関心。ジムの帰り、樹林見る。葉が暗がりで光って
いた。杖つき早歩き測定。8秒67/10M!犬と団子食う。
コックローチさんが登場したのは23時すぎ。「やれ!」。
犬をけしかけるも、無反応。しかたがない。胡麻団子3本。
コックローチさんの居場所はわかっている。

大人のカロリミット(ハトムギ茶ブレンド)飲む。犬の咳、
小康。罪がないということ、それはまったく存在しないこ
と。バタイユか。《いわれのないもの》(ジャン・グルニエ)
について。偶然、不安定、平凡、不平・・・。明日、コックロー
チ氏を殺るかどうか。未決定。葉は、一枚一枚が光っていたの
だ。赤黒い花も見えた。

posted by Yo Hemmi at 23:59| 日録 | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

爪切る


シャワー、爪切り、振り込み

などをする。Fよりメール。会社辞めた。トロントへ行くと。
空港から。genocide studyとかなんとかを聴くとか。明日
加部さんらと会う。けふ、杖歩行なんとか。中川さんの指導
のおかげ。PDFゲラ送信。電動歯ブラシ明夜着か。ジャーン!
posted by Yo Hemmi at 21:47| 日録 | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

逃走


人間を人間たらしめているものの限界・・・

毎日、音から逃げて街から街へとほっつき歩く。顔中に
刺青をいれた老人をみた。わたしにむかってなにか呟い
た。低く罵ったのか。「ヒトデナシ・・・」

「人間を人間たらしめているものの限界・・・」。だれが
言ったのか。思いだすまでに3ブロック歩く。杖をつい
て。赤い帽子をかぶった小学生の長い列。恐怖。

「お気の毒なおじいさん・・・」。幻聴か。杖をあいまいに
ふりあげる。「人間を人間たらしめているものの限界・・・」
ーー根本美作子さんが『母の前で』の「訳者あとがき」で
書いていたのだ。

小鳥がするどく鳴いた。空気を斬った。

posted by Yo Hemmi at 17:09| 日録 | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

視床痛


すみません!

肩が痛い。右腕がねじれる。右手が引き攣れる。手の甲の血管がひく
ひくと痙攣する。ので、根本美作子さんへの礼状が書けない。明治大
学文学部紀要(『文芸研究』135号 ピエール・パシェ特集)をお送り
いただいたことへのお礼が書けない。

「夜の混んだ中央線のなかで受けた」パシェの訃報についての、わたし
の思いめぐらしが書けない。学生時代、根本さんに大岡昇平を読むよう
すすめたのはパシェだったことについての感慨を記すことができない。

すみません!鎮痛剤をのんで寝ます。

posted by Yo Hemmi at 23:18| 日録 | 更新情報をチェックする