2017年12月12日

トマス・ネーゲル


◎そして、いかなる・・・

そして、いかなる国家も、警察国家でない国家はない。
では、さとくんは先の総選挙でどうしたか。かれは「期日前
投票」をしていたという。それをもってして民主主義が機能し
ているといえるかどうかべつにして、かれは「期日前投票」を
していた。

「現代の最大の犯罪は、公的犯罪である」というトマス・ネーゲル
のかんがえに共感する。マスメディアはほとんどのばあい、公的犯罪
の共犯者である。この共犯者集団は責任を問われないことを知悉して
いる点で、無自覚的にもっとも卑劣であり、手がつけられない。

委細かまわず『月』の第4回に着手。が、ちかく死刑執行の予感
つづく。「公的行為における無慈悲」。個人倫理と公的倫理の
不連続性の本質は、死刑と天皇制にもっともよくあらわれる。
posted by Yo Hemmi at 14:22| メモ | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

クモ・警察国家


◎イエユウレイグモの件――警察国家の観点から

けふ、『月』第3回の著者校で「アシダカグモ」をすべて
「イエユウレイグモ」にさしかえた。すでに警察国家ではある
のだが、そのくらいのジユウはまだある。とおもふ。が、楽観
はできない。

公安当局が文中のなにを咎めてくるか、わかったものではない。
アシダカグモを、まぎわになってイエユウレイグモになおした
底意――これはかれらの関心をそそる。テロかんけい暗号名とし
ての「アシダカグモ」と「イエユウレイグモ」かいなか・・・が
チェックされる。うざい。

ついで、語感が吟味される。故意に御國をおとしめてはいないか。
クモにひっかけて、じつは不敬をはたらいていやしないか。
公序良俗紊乱の意図はないか。イエユウレイグモは不法ドラッグ
または爆発物の隠語ではないか・・・。

ムフフ・・・。困った。わたしは自首すべきだろうか。

あるひとから内々に提案されている。〈逃げよう〉と。どこに?
北欧に。しかしながら、提案者はわたしのつれあいについて言及
していない。故意にか? 脱出提案がジャスト・ジョークであるこ
とをさとらせるために、わざとつれあいに触れぬのか。

それとも、つれあいをすてて北欧に逃げようというのか。わからない。
提案者がたんに酔っぱらっていた、ということもかんがえられる。
要検討。つれあいといっしょならダツニチもありだろう。

タケシやタモリやツルベーたちが、この警察国家のまわしものとして、
どうにもならない日常の「毒抜き」にまいしんしている――。そんな
ようなことを、逃亡提案者はいう。みどもはかんしんがなひ。

わたしは、月内に死刑が執行されると予感している。
posted by Yo Hemmi at 17:27| メモ | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

警察国家


◎「わたし」であるとはどのようなことか?

けっきょく、そこまでたちもどらないといけないようだ。
What is it like to be ――?を、気にする。とても気に
する。たとえば、ひとつの警察国家において、「わたし」
であるとはどのようなことか?
posted by Yo Hemmi at 18:56| メモ | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

アシダカグモ


◎イエユウレイグモのこと

『月』第3回で、アシダカグモについてすこし書いたけれども、
イエユウレイグモについては書こう書こうとおもっていたのに、
ついに書くのをわすれた。第4回で書くか書かないか、まだわ
からない。

そのとき、頭蓋の暗がりには小さなコウモリがいたのだった。
どのようにいたかというと、『コウモリであるとはどのような
ことか』というかっこうでいた。いきおい、『コウモリであると
はどのようなことか』の気分でアシダカグモのことを書こうと
して、途中でその気分をわすれたのだった。

月の写真を「女郎部屋からの眺め」というひとがいた。



posted by Yo Hemmi at 18:22| メモ | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

墓場


◎喉の奥に墓場はひらける

緊急不測の侵略にたいしては自衛隊だけでなく在日米軍も
現行安保条約の範囲内で活動するのはとうぜん――と某国
共産党指導部はいう。わたしはまったくそうおもわない。
思考の分水嶺。

第2インターナショナルの末路をおもう。各国の社会主義
政党が第1次大戦で自国の戦争を支持しはじめ、第2インター
は結局、崩壊したのだった。「祖国防衛」の名のもとに党は
どこまでも変質・堕落する。

中国の陳毅外相は1963年、「中国人は、たとえズボンをはかなく
ても、核兵器をつくってみせる」と、興味深い仮定法で吠えた。
翌年、初の原爆実験に成功。その後も核・弾道ミサイル実験を
くりかえし、1972年、国連安保理常任理事国入り。

喉の奥に墓場はひらける。
posted by Yo Hemmi at 15:13| メモ | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

土人


◎尾籠なるひとびと

こういうのを烏滸(おこ)の沙汰というのだ。ことばの
もっともただしい意味で、尾籠(びろう)というのだ。皇室
にまつわることは、ほとんど尾籠である。くらべれば遊里は
よほど上品なほどだ。皇室にたかりつくメディアはカス中の
カスである。皇室報道をよろこぶものは土人である。よって、
このクニはドジンのクニである。


続きを読む
posted by Yo Hemmi at 15:00| メモ | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

모란봉악단!


◎アナクロニーとアトピー

非時間性と非場所性。セカイはひとつ。ウイルスでひとつ。
모란봉악단はなんだかおもしろい。歴史的パースペク
ティヴはもうどこにも存在しない。ノートンT年延長。
まるで脅迫だぜ。トランプより모란봉악단にきてほし
い。皇居でうたって、おどってほしいね。トランプよ
りモランボンがまだまし。うその飽和。

posted by Yo Hemmi at 15:30| メモ | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

引っ越し


◎海苔をのどにつまらせないように、と言われた

死ぬから。そうやって死んだひとがいくらでもいる。「どこでも
いいのではなく、ここにいること。・・・あらゆるところで、どの
場所も、ここであるかのように」。判読不可能性。誤認可能性。

posted by Yo Hemmi at 16:57| メモ | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

世事


◎世事にかかわらないこと

「翼状頸」について、ひとしきりかんがえる。「対比」について。
死戦期呼吸にかんし。犬の目。ものもらいなおらず。

posted by Yo Hemmi at 17:44| メモ | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

ゴリャートキン


◎皇室御用達のアホ

ミクリヤ。顔もひどいが、話はさらに最悪。希代の俗物。
無教養。皇居の馬糞を常食するヌッポン産カバ。なるほど
ミンシュシュギはすばらしい!犬のクソかネコのクソかを
投票でえらぶ権利があるのだから。

雨。病院。ドリヤン。インフル注射。薬局。マック。犬。
ヒューマニズムは反対者を糧にして生きる。「わたしは
ヒューマニストではない。それだけの話だ」
posted by Yo Hemmi at 16:49| メモ | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

セージョー


◎「正常」とはなにか

ひとの世の「正常」とは・・・たえざる労苦とたたかい、永遠の試練と苦痛と自
省をさす、とあるひとは言った。これらに「発狂」をくわえてもよいだろう。
それでは「異常」とはなにか。かんたんだ。上記の反対である。〈いま〉で
ある。

ひとりで生活していると、物語るということがどういうことかわからなくなる
、とJ.Sは書いている。ひとりきりのおとこが笑いたくなるのは稀だとも。ひ
とりきりのおとこは、じぶんの狂いにきづかない。たぶん。

ふるえるてふてふ.jpg


続きを読む
posted by Yo Hemmi at 14:37| メモ | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

冗談


◎中国が「社会主義」だと?!

マルクス・レーニン主義だと?冗談がすぎる。ニッポンコク首相が
犯罪者ではない、というくらいばかげている。習近平は「賃労働と
資本」も読んだことのない独裁者だ。罪だけが沈下する。いずこも
警察国家。陋劣な人民大衆と党。
続きを読む
posted by Yo Hemmi at 17:33| メモ | 更新情報をチェックする

2017年10月16日


◎アゾルカ

ゆうべ、寝るまえ、犬のアゾルカと老人のことを、みてきたことの
ようにおもった。あの情景がすきだ。「ワシリエフスキー島6丁目」。
朝ジッピ―さん。原稿、立ち往生。本たのむ。T冊だけにした。九州か
写真。装具をつけさせられたひとの強制的「リハビリ」に動揺。

気味がわるい。ほとんどすべてが。しずかに、ぜんいんが狂っている。
先日、犬が吐いたのはスペアリブではなく、馬かダチョウのアキレス腱かも
しれない。

posted by Yo Hemmi at 15:03| メモ | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

吐く


◎スペアリブ

犬が3日前、スペアリブを食い、昨日午後、しばらく咳をし、
それからグエーグエーとうなって、白い泡とともに骨を1本吐きだした。
骨は長さ10センチほど。おどろいた。まさか骨ごとのみこんでい
たとは。まったく苦しそうな様子はなかったのだが・・・。

本ブログへのアクセス数はふつうは1日2000〜3000だが、きのうから
突然、たったの2件になった。なぜかはわからない。面妖。


続きを読む
posted by Yo Hemmi at 16:06| メモ | 更新情報をチェックする