2020年03月01日

塩鮭


眺め

エチオピア.jpg

青い影とデュアル・ソー・ダブル・カッター。
ほら、右上の旗か幕のようなもの。
その下の塩の台地に、
いつまでも腐らぬ屍体が埋まっている。
わかるね、塩鮭のように固まった君さ。

監視カメラなんかない。
ドローンもない。
衛星は墜ちた。
スマホは通じない。
マスでもかくしかない。
あふぇあふぇ。
ピュッ、ピュッ。
それでいい。
大地溝帯の
いちびの
塩鮭よ。




posted by Yo Hemmi at 11:52| メモ | 更新情報をチェックする

2020年02月29日

暴力衝動


延髄斬り

アエラ.jpg

アソーとかアベとかコーノとかのバリ汚ったねえがん首をみせつけ
られるとだね、拙者、身障2級なれどもですね、延髄斬りとかきめた
くなるんですわ。みか、こうなったら弔い合戦や、いてこましても
よかですか?

アソーとかアベとかコーノて、どぼじであげなデカい態度とるとです
か?人民に暴力衝動をいだかしめってんのちゃいますか?みか、ぶん
殴ってもよかですか?

なに、徹底的にやったれって?ぶったおしてからコロナ菌塗布を忘
れんようにだって? OK牧場!やつらのケツの穴にコロナ菌たっぷ
り注入しませう。終わってから、うがい、手洗いしっかりやるとです。

犬がマック行きたひていうもんで、マック行きまひた。手指消毒しま
ひた。フィレオフィッシュ食ひまひた。んめがったあ。







posted by Yo Hemmi at 14:54| 所感 | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

供花




鉛の空.JPG

落ち着かない。供花をたのむ。どんなの? と言ったって、
田舎じゃ葬儀屋のしかない。しかたがない。一段落したら
清楚なのを送ろう。みっちゃんが空を走っている。



posted by Yo Hemmi at 17:42| メモ | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

Reinhardt SOBYE


みっちゃん逝く

エラちゃん.jpg
(Reinhardt SOBYE)

早すぎるよ。もうちょっと、かんがええさせてく
れよ。そうか、あなた、今ごろはエラちゃんのと
ころか。さようなら・・・。



posted by Yo Hemmi at 14:17| 日録 | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

サラマーゴ


『白の闇』をかんがえる

白の闇.jpg

『白の闇』を思う。

先日、共同通信インタビュー。『月』について。かれと
話していると、遠くに晴れ間がひろがっていく。マヒが
ほぐれているのに気づく。

心臓のわるい老犬。手術をすすめられる。費用の話をす
る、おしゃべりな獣医。ぶんなぐりたくなる。

「車椅子ユーザー」。言い方、鳥肌がたつ。マックのお
ばさんとばったり逢う。お化粧をしていた。

posted by Yo Hemmi at 18:11| メモ | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

インタビュー


さとくんのこと

予約.jpg

神奈川新聞インタビュー。さとくんは『月』を読んでいた
というが・・・。かれを死刑にするなら、(極論するならば)
司法はかれと同様の論理となる。

「18世紀末以前には、『人間』というものは存在しなかった
のである」(フーコー)。しきりに反芻する。「人間は波打
ちぎわの砂の表情のように消滅するであろう」

いちいちうちのめされる。さとくんの環世界とわたしの環世
界。マダニの環世界。Umwelt。




posted by Yo Hemmi at 17:26| メモ | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

so fukking what?


孤独問題担当国務大臣

ミスド.jpg

Minister for Lonelinessだとさ。よけいなおせわだ。花粉
症。目鼻ぐしょぐしょ。まったく孤独ですらない。林芙
美子『浮雲』の連続朗読終わり。寂しいね。マヒ激につき、
老健サボる。孤独問題担当国務大臣。「真理省」みたいな
もんだね。




posted by Yo Hemmi at 18:04| 日録 | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

ふうちゃん


ふうちゃんが(も)死んだって

ノラネコ.jpg

ふうちゃんが(も)逝った。
2月16日。
どこへ?
そりゃ、向井さんとこに決まってる。
こんなとこでおめおめと生きてたって
しょうがないし・・・。
寂しいけれど、ずいぶんまっとうだ。
風。


posted by Yo Hemmi at 18:10| 所感 | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

コロナと国家


立ちのぼるもの

ホヤ.jpg

なんとなく中世的な、中国ゆ来しコロナちゃん、
死屍の幻を忘れかねつや。エンペたちも染され
なさひコロナちゃん、みんな咳して死にませう。
立ちのぼる国家。「死にし子の死亡届を書かせ
ける代書屋に似たりハイエナの顔は」(中島敦)

だいじょうV!わたしらゾンビはコロナ菌食み
いとど元気になるらし。




posted by Yo Hemmi at 16:52| メモ | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

目取真俊


『ヤンバルの深き森と海より』

目取真俊さん新刊.jpg

目取真俊という男がいる。無口だ。愛想がない。おべんちゃらを
言わない。ほとんど笑わない。内心は笑うのかもしれないが、顔
にはださない。なにかを衒うということがない。居ずまいが、だ
が、大事なことを感じさせる。「独り」ということ。独りという
のは、激しく饒舌であるということだ。自己内対話として。

新刊『ヤンバルの深き森と海より』(影書房)が送られてきた。
沖縄とヤマトゥンチューをめぐる著者14年間の心象。きわめて貴
重なテキストである。

「世界各地の反戦・反基地闘争に比べれば、辺野古の闘いは穏や
かすぎるくらいだ」(2015年)。目取真俊は知っている。ひとが
何人か殺されでもしなければ、国家はうごかないということ。民
主的な闘争などありえないこと。最期は「独り」ということ・・・。







posted by Yo Hemmi at 18:22| お知らせ | 更新情報をチェックする

2020年02月07日

五輪返上


「在日コリアン抹殺」宣言の恐怖

爪.jpg

これはなんだ?

先月、「川崎市ふれあい館」に「謹賀新年 在日韓国朝鮮人
をこの世から抹殺しよう。生き残りがいたら残酷に殺して行
こう」と書かれた年賀状がとどいたという。川崎市役所にも、
「ふれあい館」の爆破や在日コリアンに危害をくわえる旨の
ハガキが送られてきた。

犯罪予告。害意の存在は明らかである。わたしがコリアンな
らどうするかーーという仮定は一面的である。「在日コリア
ン抹殺」の情動と論理を白昼の闇から掻いだし、いやでも凝
視しなければならない。おもてなし≠フクニの、これが内
実。

戦うか、見て見ぬふりをするか。ふたつにひとつ。














posted by Yo Hemmi at 14:43| メモ | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

電車


画角としてどうなのか

電車.jpg

カフェの窓からは駅のホームはみえないはずだ。
なのに、みえる。車中の人と目があう。困る。
こんなに下にはいないのに。みあげる。むこう。
右へかすめてゆく影。もうあきらめきっている。
位置が不安定なのだ。

一昨日だったか、「非常事態について」という
原稿を生活クラブの「生活と自治」誌にだした。
連載の75回。

メルロ=ポンティ。『弁証法の冒険』。
「最低限の自由と正義」。現在も奴隷制はりっぱ
に存続している。

トランプの演説を聞いて、バケツいっぱい吐く。
ゲロゲロ。やつを屠れ。

レインとばったり。上機嫌。顔色もよかった。歯
医者。マック。MAXーD(ダックスフント)。



posted by Yo Hemmi at 17:36| メモ | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

firebug


放火魔について

きのうのハト.jpg

放火魔を英語でなんていうか。知っている。
アラン・シリトーの短篇のタイトル。
”THE FIREBUG"。火事は美しい。放火魔は
立ちつくして作品に見入る。

T市の地図は入手済み。においは鼻孔の奥に
こびりついている。S市ではなくT市。さびれ
た旅館。汽笛。あえぎ声。けふ玄関脇の部屋
で『ペスト』発見。なぜか2冊あった。




posted by Yo Hemmi at 13:58| メモ | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

袋詰め


駅のエレベーター

ゴヤ 袋詰め.jpg

港町のあのエレベーターは特別だ。黒ずんだ人
びとが吐きだされてくる。古い油や干もののに
おいとともに。尽れた人びと。金持ちはあのエ
レベーターにはのらない。

エレベーターといったって2階しかない。なにか
考えるとたちまち考えが崩れてしまう。田部井
はいなくなった妻をさがしている。妻ー失踪ー
追跡・・・は論理的に整合する。そこだ。

なんとなく論理的に整合するように見えれば、そ
れでいい。実際には整合しなくても。じぶんにも
他人にも一応の説明がつく。おざなりでも。

いつもいくカフェが見知らぬ客でいっぱいだった。
なにかあったのか。



posted by Yo Hemmi at 18:03| メモ | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

痙性


卵と竜巻とタマホコリカビと

たつまき.jpg

シャワーを浴びた。卵と竜巻とタマホコリカビとし
め鯖を、入れちがいにイメージした。暮れ以来のシャ
ワーである。定点はない。この痙性はだれにも説明
がつかないものでありながら、なにか倫理的な病理
にも感じられる。

竜巻のねもとに、カモメの卵が1個ある。もう割れて
いるかもしれない。

posted by Yo Hemmi at 15:21| メモ | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

Foucault


「人間の終わり」について

TOKYO.jpg

「人間は波打ち際の砂の表情のように消滅するであろう」
の預言≠ェ好きだ。昔から。とても正しいし、ロマン
ティックで励まされる。現在は過去形で語られてもいい。
「人間は波打ち際の砂の表情のように消滅した」と。

寒い。犬の肛門で暖をとるのである。

posted by Yo Hemmi at 17:35| メモ | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

ムスカリ


当惑しつづけること

ムスカリ.jpg

いいから、あたふたと当惑しつづけなさい。
副交感神経に作用して、発汗・嘔吐・下痢な
どの諸症状を呈するにおい。無限花序・・・よ。
人間とはわれわれの「知の単なる折り目」。
人間は「波打ち際の砂の表情」のように消滅
するであろう。より大きなちからによって洗
われるのだ。


posted by Yo Hemmi at 15:19| メモ | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

ジョセフ・ヘラー


Catch-22

芽.jpg

さとくんのニュースをみていて思ったよ。連載で
Joseph Hellerの『キャッチ=22』について書こう。
1984年だったか、ペーパーバックをカリフォルニア
のスーパーで買い、四苦八苦して読んだなあ。どこ
にいくにも持ち歩いた。

さとくん報道は(も)最悪だ。ある種のディープフェ
イクじゃないか。えっ、社会は重度障害者にやさしい
です?! 嘘つけ。

犬とマック。胸やけ。

posted by Yo Hemmi at 17:58| メモ | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

黄昏


左手をポケットに入れると・・・

たそがれ.GIF

左手を左のポケットに入れると、右肩のこわばりがすこしだけ
とれて、右手の位置がカクンと一段下がる。どうということは
ない。たったこれだけのことを知るのに、ケッ、約15年もかか
ったぜ。ヘルパーさんからムスカリをいただく。


posted by Yo Hemmi at 23:01| メモ | 更新情報をチェックする

Ola Gjeilo


NIGHTを聴く

「現実を信じることは、想像力のあらゆる形態
のうちでもっとも低俗で、もっともとるに足ら
ない形態である」。それはホルクハイマーの言
う「不幸な意識」とも絡まりあう。

「われわれはもはや意思をもたない自由をもた
ない」。Ola GjeiloのNIGHT。去年暮れから風呂
にはいってない。犬はシャワーをあびている。
4時ごろ、かならず目がさめる。宙づりのまま。

night.jpg



posted by Yo Hemmi at 14:08| メモ | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

MAX-D


復旧!

MAX-Dのちからにより多くの懸案が解決。
「わたしに、おまえはだれか≠ニ問うな」
と言ったひとを多少知っている。(n)遠く
からハエのように見えるものーーの分類にそ
そられる。

世界は流謫の場なのか。たんなるタブローか。
とまれ、必死であるく。奥歯をかみしめて。
あるく。喉で笑う。くくく。MAXーD。1995年
1月。「世界とは同意すべきではない何事かで
ある」。もしくは、世界などない。

11才の犬に赤い服を着せた。






posted by Yo Hemmi at 23:24| メモ | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

せでもいいことを!


本人確認

このところなにをしても本人確認を求められる。
あわてる。もぐもぐしているとアカウントはなに
かと問われる。アカウントとはなにか、がそもそ
もわからない。支払い履歴を訊かれたりする。い
やになる。

うんざりしていると、サインアウトしますかとく
る。反射的にはい、サインアウトします、くそっ
たれ!と答える。ことごとくサインアウトする。
梅崎春生を読んでいる。半世紀ぶり。

せでもいいことを!は何にでてきたのか。忘れた。
「黄色い日々」だったか。どうでもいい。サインア
ウトします。プッツンします、ばかやろう。明日、
犬の誕生日。11歳。
posted by Yo Hemmi at 22:25| 私事片々 | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

戦争


デブのウンベルト・エーコ

脳裡のエーコは写真よりずっと痩せている。写真のは
まるで相撲とりだ。生きているとばかり思っていたが
亡くなっていた。デブでもいい。もっと読みたかった。
「戦争はもはやかつてのような『連続する』知的シス
テムではなく、『並行する』知的システムに似てくる」
(「戦争を考える」和田忠彦=訳)

「権力は拡散し細胞化することで、絶えず無秩序な離
合集散を繰り返す無数の合意によって成り立っている。
戦争はもはやふたつの祖国を対立させるものではない。
無数の権力間の競争を引き起こすものだ」(同)

マックに行った。スーパーで買ったらしい寿司をもちこ
んで、話しながら食っているオヤジが2人いた。堂々とし
ていた。レマンゴはいなかった。少なくも見あたらなか
った。


posted by Yo Hemmi at 22:51| お知らせ | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

アメもろた


マイクロバスでアメもろた

本田さんが4日逝去。愕然。茫然としている。

先日、おばあさんにアメをいただいた。のどスッキリの
ハーブアメ1個。おばあさんはナカガワさんではないか。た
しか往きのバス。さなえさんはいなかった。さなえさんと乗
りあわせるのは帰りのバス。ナカガワさんはぼくの左側、さ
なえちゃんは右側に座る。みんなで運転席を仕切るバーを
にぎる。

米国の統合参謀本部トップがイランのドローンで暗殺された
らどうなるか。米国は核攻撃も辞さないはずだ。ドナルドが
テロられる幻視・・・。

「東京人」2月号に小池昌代さんの『純粋な幸福』書評が載っ
た。小池昌代さん書評.pdf

カルロス・ゴーンの胆力はその語学力とともにニッポン的
標準ではまったく異次元のものだ。あのワンマン・ショーに
あってはニッポンのメディアなどハナクソも同然である。

かくてヘルパーさんにけふ、シメサバをリクエストしたのある。

自衛隊の中東派遣。ドナルドと同程度のお寒いおつむのコーノ
よ、図にのるんじゃない。きみはたんにアゴのしゃくれたアホ
なのだからね。
posted by Yo Hemmi at 14:37| 日録 | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

サナエ


けふ、サナエはいなかった

ジムにいく。サナエはいなかった。お腹の大きい女性が
増えた。NUstepを負荷7で20分。ワーハハハの集合哄笑運
動はなかった。12歳の犬が勃起していた・・・という話が聞
こえてくる。フロアを5周する。戦争はそう遠くない。や
るなら思いきりやれ。すべてなくなるまでやれ。サナエは
いなかった。風邪か。死んだか。
posted by Yo Hemmi at 19:08| 日録 | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

気象通報


大晦日ーー地ふぶき!

犬と寝転んで気象通報を聴いていると陶然とする。
大晦日、ハバロフスクは西南西の風、風力5、地ふ
ぶき、15hPa、気温 ー22度。ルドナヤプリス
タニは、南南西の風、風力2、快晴、5hPa、気温
ー15度。

雲の切れ間に青空と海原がみえる。目が青む。

「ウルルン島 不明」なんてこともある。無意識の雲
海にぽこんと円い穴があく。

けさ、犬にピモベンタンとステロイド。ホットミルク
の薄膜。お菓子の「お座りくん」。
posted by Yo Hemmi at 13:58| 日録 | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

ピモベンタン


老犬、夜半に咳

壊れたチューブみたいな音。くるしそう。ピモベンタン。
ミルク飲む。薄膜、犬に。風呂。新バッグ着く。マックに。
混んでる。マヒ激。クラブ・マックとフィレオフィッシュ。
MAXーD小ハンバーガー。マヒした右手で爪切る。失敗する。
時間かかる。16:00,気象通報(再)。

パーキンソンの69のお方、けふ痛みはないですか?ぼくは
肩激痛。来年もよろちこ!膀胱がんのお方、ことしもあり
がとうございました。死ぬまでは、ぼくも生きるしかありま
せん。快癒祈ります!仙台・丸善で『純粋な幸福』を買った
83の女性、ぼくは眠剤と精神安定剤を半分に減らしました。

担当編集者は、みなさんのお便りを読むとき、感動して涙声
になるのです。来年も、どうぞ・・・。爪切り続行。
posted by Yo Hemmi at 16:18| 日録 | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

新刊


『芥子粒は第三次世界大戦を幻視する』(仮題)

けさ担当編集者と電話、新刊エッセイ集の仮題を上
記のようにしようかと話す。だいぶ先の話だけれど、
タイトルが決まらないと方向がみえにくいので、一応
イメージをもちあう。

新聞をとっていなひ。朝日の「有料会員限定記事」の
無料部分のみ読む。マジ、金はろて読むほどのもんじゃ
ないけん。けさは「最後まで声かけ続けた両陛下 11時
間の被災地訪問」ときた。

皇室ご用達新聞は、はよつぶれなさい。「次々に差し出
される手を、天皇、皇后両陛下はしっかりと握り返して
いた」なんてアホ記事をだれがお金はろて読むかいな。
バーロ。

「宮内庁担当」とかいふ、思いっきり意識低い系記者様、
もっとお勉強してね。天皇制の、股ぐらみたいにかび臭い
闇のなんたるかと権力の天皇制利用の本質を書かなひで、
礼賛記事ばかりドンドコ出稿してどうすんの。




posted by Yo Hemmi at 14:36| お知らせ | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

愛読者カード


これもひとつの激烈な邂逅であるとおもう

マヒ激の日。目がかすむ。平衡感覚なし。共同通信記者、
毎日新聞出版編集者とランチ。編集者が『純粋な幸福』の
愛読者カード(コピー)をもってきてくれた。69歳の
パーキンソン病の女性読者。書字のふるえを詫びている。

清冽な精神、伝えようとする心の強度、孤独の深み・・・。
ごじしんの痛みのなかから拙著を読んでいる。だれも知ら
ぬ淵に沈み、あえぎながら言葉を発している。

がん闘病中の60歳の男性。「何度も読み返してみたら、少し
ずつわかりかけてきた。死ぬ前に読んでみたい、もう一度だ
け。わかるような気がする」。震える。

「サンデー毎日」の拙文(「韓国について何を知っていのか?」)
への感想も読ませてもらった。83歳の元都立高校教員、79歳の
シナリオ作家らのきわめて、きわめて真摯な投稿。

世の中棄てたものでない、などと言うまい。ただ、原稿をしたた
め、読んでいただく薄暗がりの模索と読者とのめぐりあいに、こ
のたびはなにか激烈な火花が見えた気がしている。


posted by Yo Hemmi at 18:16| 所感 | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

ワヤやワヤ


えっ、そうだったのか!

故中村哲さんに「旭日小綬章」なるものが贈られた
らしい。ほんなもん突き返しゃいいものを。中村医師
の遺志ではあるまいに。とおもふのはたぶん勉強不足。
かれは生前すでに堂々の旭日章を受章しているのだった。
すんまへん、知らなんだ。

ナカソーネは101年生きて「従一位大勲位菊花章頸飾」
とかなんとか。昔、北京で会ったなあ、ヤス。ずるそう
で、やなオヤジ。小とか大とか勲章で分類されて、けった
くそわるい。陰門あっても陰徳なしかい。

まんべんなくやられてるのよ。みなさま浸潤されちゃう
わけね。なべて軽薄でペラペラ。

2030年をしたり顔で予言してみせるジャック・アタリも、
なんやうすっぺたいおやじになりおってからに。アタリも
八卦当たらぬも八卦やな、おっちゃん。
posted by Yo Hemmi at 00:24| 所感 | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

死刑執行


時々刻々チリチリと狂う

歯が抜けた。歯の抜けた穴が、陰門のやうに
臭った。タチのわるい、ああ、とてもふとどき
な臭い。恥ずかしい臭み。とても手に負えぬ。
ロブスターを食いにいった。ばあさん店員が
階段をおりるわたしを横から支えてくれた。

彼女は介助を知っている。おぬしやるのう。
なんのなんの。美人ではないばあさんが言ふ。
波状の皺がゆれる。なにかがある。皺が泣いて
いる。曇天。皮膚のギャザー。なにかがある。

あるいは、なにかがあった。犬が咳をする。
ばあさん店員の目つきではげしく咳をする。
気道虚脱。なにかが起きている。被災者と同じ
目の高さでてんのうこうごうがお話しされて勇
気と元気をもろたこのよき日、歯の抜けた穴が、
ぷーんと陰門のやうに臭いやがった。

責任をとっていただきたい。気道虚脱の犬が
言ふ。勇気と元気をもろたこくみんたちとその
やうなクソ原稿を書いた記者どもが、歯の抜けた
陰門同然の穴でだね、もわりもわりと臭いぬるか
な。けふ午前、死刑執行。


posted by Yo Hemmi at 22:53| お知らせ | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

侮辱


中村哲さんをなぜ侮辱するのか

「旭日小綬章」とかいうクソを故人は望んだか。断じて望む
はずもないものを、なぜ贈るのか。権力はおそらくかれを穢
したいのである。同じ肥溜めの一員にしたいのだ。中村哲さ
んはアフガンで殺され、日本で再び殺されるのか。


posted by Yo Hemmi at 19:07| お知らせ | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

反響と書評


『純粋な幸福』ーー2019年下半期の本に

図書新聞の読書アンケートで、小池昌代さんが『純粋な幸福』
を2019年下半期の本のトップにあげていた。「何回も読み返さ
ずにはいられませんでした」。読まれるというのは、ありがた
いことだ。

佐高信さんは北海度新聞で『純粋な幸福』を書評して、「劇薬」
と述べておられた。毒にも薬にもならぬよりはよっぽどいい。

この本が読者の胸にとどきはじめている。なぜだか信じがたい
ことのようにも思われ、動揺する。

『純粋な幸福』書評.pdf

posted by Yo Hemmi at 17:42| お知らせ | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

ジュスティーヌ


ジュスティーヌと皇后その他

周知のとおり、ジュスティーヌは他者の視線に刺されつ
つ、他者の欲望と妄想の対象としてのみ存在しつづける
しかなかったはずだ。皇后は(天皇も)他者の視線の枠
外では自己の存在を完結することができない。
posted by Yo Hemmi at 18:37| メモ | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

ミシェル・フーコーの顔


フーコーの顔がすきだ

紅葉を見た。経験の起点とは、「死」を背負う狂気、
「死」を背負う逸脱、「死」を背負う異常といった
限界概念のあなぐりだろう。

われわれを「根源的な不安」にひきわたすものーー
こそがいま読むに値する言説である。血の凝りがけふ
の青空に浮かぶ。嘘のような晴天。血。

無宿者を見た。新顔。背後に紅葉がある。流血として。
「狂気、死、性的事象、犯罪」こそが重大事であると
いふフーコーの顔。

すでに戦争である。
posted by Yo Hemmi at 18:02| お知らせ | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

掲載紙


『純粋な幸福』インタビュー記事掲載紙

共同通信からの連絡によると、これまでに確認しているだけで
12紙(長崎11月8日、愛媛10日、山陽12日、中国14日、信濃毎日
14日、日本海19日、福島民友20日、山形21日、岐阜23日、河北26日、
岩手22日、四国27日付)にそれぞれ掲載された。

たしか沖縄も1紙が載せたようだ。言語・思想・精神の劇的変化の
ただなかで、『純粋な幸福』はどう自己存在を保持するのか。

けふ担当編集者とランチ。米国には「チカノ・スタディ」という学域
があることを思い出す。そのことと対韓ヘイトを対比的に考える。

森鴎外「護持院原の敵討」。深夜なぜか昂奮。麻痺・感覚障害激。
『ヒトラーの忘れもの』。好感。エンドロールに犬の名前まででる。
posted by Yo Hemmi at 17:56| お知らせ | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

サンデー毎日


「韓国について何を知っているのか?
  ――〃侮韓〃のなかの中島敦生誕110年」

いま発売中の「サンデー毎日」が掲載している。9枚。よい編
集をしてくれた。
posted by Yo Hemmi at 17:08| お知らせ | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

サンデー毎日


○「韓国について何を知っているのか?
  ――〃侮韓〃のなかの中島敦生誕110年


というタイトルの原稿9枚を書きました。じぶんなりに
大事な原稿と思っています。『サンデー毎日』12月8日号
(11月26日発売)に掲載の予定です。よろしかったらご高
覧ください。
posted by Yo Hemmi at 19:06| お知らせ | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

記事


共同通信インタビュー記事
『純粋な幸福』
(沖縄タイムス)
共同インタ 純粋.jpg
(クリックで拡大)

韓国について何を知っているのか?ーー
侮韓≠フなかの中島敦生誕120年
という
原稿を書いている。近く「サンデー毎日」に
載るだろう。麻痺&視床痛激。クソ!





posted by Yo Hemmi at 13:45| お知らせ | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

視力


目がわるくなった

資料しらべがきつい。ルーペを使う。長州人には征韓論者が
多かったという。そういえば・・・。
posted by Yo Hemmi at 19:01| メモ | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

もっともグロテスクなとき


日本の醜怪ここに極まれり!

「大嘗祭」の中心的儀式「大嘗宮の儀」の秘儀≠ネるものは、
もっとも反人民的であり、卑猥、不潔、陋劣、暗愚、差別、隠蔽、
国家暴力・・・の気味のわるい、そしてなんらの慎みもない、いわば
極東のドジン文化のあられもないデモンストレーションであった。
あの馬鹿げた式次第に従った当事者、関係者は、言葉の正しい意味
で真性の狂人≠ナあるにちがいない。

赤坂憲雄はかつて書いた。「新しい天皇の即位と大嘗祭にいたる、
天皇制の基層の風景が隠されつつ/顕わされる、ある意味
では特権的な時間・・・」(『天皇制の基層』のあとがき。下線は辺
見)。そうである。このクニでは重大事が「隠されつつ/顕される」
のである。きたるべき大量死刑の執行も。天皇制の基層には、合理を
せせら笑う本源的暴力の暗がりがある。

報道メディアは死んでいる。とうの昔から。



posted by Yo Hemmi at 02:26| 所感 | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

インタビュー


共同通信インタビュー記事

新刊『純粋な幸福』(毎日新聞出版)をめぐる共同通信インタビュー
記事は11月5日(火)に配信されます。掲載した加盟紙がわかり次第、
本ブログで順次お知らせします。

麻痺痛激。MAX-D、犬とマック。
posted by Yo Hemmi at 13:42| お知らせ | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

戯けの儀


へっ、即位礼正殿の儀だとさ

みなのもの、安心しろよ。もう難波太助はいやしねえ。
そのことが却って危険なのだ。天ちゃん、わかりる?

先日、ひさかたぶりに新聞を見た。だめだ、活字が
寝ている。一個も立っていない。読む気がしない。
さりとてあの紙じゃケツも拭けないし。
posted by Yo Hemmi at 00:42| 所感 | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

MAX-D


マックスDと話す

いわゆるメンヘラ・ホイホイ≠ノついて。『純粋な幸福』(毎日新聞出版)
の読者カードを担当編集者に読みあげてもらう。言葉がとどいている。闘病
中の読者たちの反応ーー胸を衝かれる。この本はすごい読み手をそびきだし
ている。
posted by Yo Hemmi at 18:43| お知らせ | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

『純粋な幸福』


明日(17日)、急遽、新聞広告がでることに

大した話ではない。『純粋な幸福』(毎日新聞出版)の小っちゃな
広告(サンヤツ)が17日の朝日新聞朝刊1面にでることになった。
なぜか予定より早まった。なにかが起きるわけじゃない。なにも起
きはしない。ちょっとした違和感だけ。

無宿者の災害避難を拒否した役所の底しれぬ無知と酷薄。拒否した
ことを支持するネット世論。国会で答弁した安倍の面つきーー冷酷
と無関心。台風がむきだしてみせているもの・・・。

しかしながら、なにかが起きている。起きるはずのないことが。ふた
たび中島敦。「あらゆる重大なことは凡て『にもかかわらず(トロッ
ツデム)』起る、といった誰かの言葉を思い出した。」
posted by Yo Hemmi at 17:57| お知らせ | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

エンペ


わたしは天皇についてかんがえる

とりわけ体内のエンペを。黝く妖しい凝(こご)りを。
「恩赦」を。上行結腸のあたりで、にこやかに笑みつつ
自慰するエンペを。それぞれの腸で・・・。
posted by Yo Hemmi at 23:22| メモ | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

トロッツデム


重大事

「あらゆる重大なことは凡て『にもかかわらず(トロッツデム)』起る、
といった誰かの言葉を思い出した。」(中島敦「環礁:――ミクロネシ
ヤ巡島記抄――」

風邪気味。ながのさんから連絡。『純粋な幸福』(毎日新聞出版)の担当
編集者から「対韓ヘイト」について6枚書けと言われ、なんとなく承諾。
『純粋な幸福』の新聞広告(サンヤツ)は19日の朝日新聞朝刊にでるらし
い。
posted by Yo Hemmi at 22:45| メモ | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

笑う


MAX-Dと話す

久しぶりに大声で笑った。かなりがらんどうなのだけどね。日曜、
インタ予定。ガラス窓が割れていなければ。ニュースの中身でなく
、その選別に狂気を感じる。コンビニで酔ったサラリーマンが万引
きしたのがなぜニュースなのか。対韓ヘイト、全身が凍える。その 
根っここそが探るべきニュースなのに。日常が静かな狂気を孕んで
いる。笑えない。
posted by Yo Hemmi at 18:53| 私事片々 | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

例外状態


TBSのアホ男、香港にあらわる!

顔の大きなTBSのアホ男が香港で、こちらが恥ずかしくなるような
インタビューをしていた。傲岸で表層的。この手あいは、東京が
正常で香港は異常とみなしている。東京にデモがなく、若者が機動
隊と衝突していないのをノーマルとおもいこみ、香港の革命を見く
だしている。バーカ。

ニッポンのどこが正常か?ラグビーで大喜びし、即位礼のパレード
を胸を高鳴らせてまちうけうるニッポン・チャチャチャ。来年は五輪
だ。みんなで熱死≠セ。よく見てみろ。ニッポン・チャチャチャの
現在は、じつのところ、非常事態が香港よりも完璧に常態化している
のだ。

治安がよいのではない。ニッポン・チャチャチャは権力への隷従を
おのずから快楽と感覚する変態体質なのだ。ニッポンにおいては
非常事態がすでに「招致」され、非常事態が日常化して蔓延している
にすぎない。すなわちメディアを包含した完璧な警察国家がニッポン・
チャチャチャの実相だ。

香港革命はきわめて正常である。
posted by Yo Hemmi at 00:52| 所感 | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

香港革命


香港の決起にハンガリー革命を見る

国際的反スターリニズム運動の端緒は、1956年のハンガリー事件
(革命)であった。積年のスターリン体制の支配に反対してブダ
ペストなどで蜂起した市民たちの運動を、ソ連軍は「反革命」と
して戦車で弾圧し、当時の日本共産党中央もこの弾圧を支持した
のだった。

香港でのできごとは中国共産党による支配への抵抗であり、「香港
革命」と呼ぶにふさわしい。それは緒についたばかりなのであり、
長い曲折をへるにせよ、やがては中国全土を震撼させずにはおかな
いだろう。独裁者・習近平はきわめて「自覚的なスターリニスト」
であり、今後とも香港革命を弾圧するのに手段を選ばないはずだ。

近日中に『純粋な幸福』(毎日新聞出版)の広告がでる。朝日新聞
朝刊一面下のサンヤツ広告に注目されたい。担当編集者が練りに練
った文章は、朝日紙面にはややなじまないにせよ、それ自体が「作
品」と言えるかもしれない。請う、ご期待!

中島敦関連のエッセイを書いた。「胸骨を風にさらしてーー中島敦
という法外=v。神奈川近代文学館の館報第146号(2019年10月1日)
に掲載されている。

Max-Dと懇談。







posted by Yo Hemmi at 17:50| お知らせ | 更新情報をチェックする